2010年01月15日

ミアモンテとは

doc.gif
ミアモンテ製品は、メキシコのアステカ文明に伝わる治療法をヒントに、ディック・ミヤヤマ博士によって、開発されました。メキシコの自社農園にて自然栽培したハーブから、独自の製法で抽出精製されたハーブ・エキスと、髪や肌に良いアロエ科の植物を混合して製造されました。

 
髪・肌・健康について(開発者からのメッセージ)

ストレスの多い現代社会で生きる私自身、ある日鏡を見ると前頭部の髪が後退している姿を見て、急に年をとったのに驚き、髪に関する研究を重ね、ストレスと神経の関係に着目しました。神経は植物の根と同じように、髪に必要な栄養を摂取する等の大切な役割を果たしています。その神経が五感のストレスによって異常をきたすと、毛髪サイクルに支障を与える事を発見しました。
私は恵まれたことに、たくさんの植物が生息する土地で暮らすことによって、植物が持つ生態をよく理解することができ、その土地で育つアガヴェ(アロエ科の植物)の成分が神経のリラクゼーションを促進する効果があることを発見しました。その効果を利用して、毛髪や皮膚の活性化と再生力のあるエッセンスを開発することに成功しました。また、髪は身体の健康とも重要な関係があります。それは、尿や汗として排出されないミネラルの排出器官でもあるからです。余分なミネラルが体内に蓄積されると、顔色が悪くなったり、内臓疾患の原因になったりします。髪も身体の一部ですから大切にしましょう。
 
髪の働き

髪は単に体温の調節や保護をするだけでなく、排出器官としての大切な役割があります。食物や空気中から取り入れられたミネラルは、脳で大量に必要とされますが、不必要なミネラル(特に水銀等)は髪から排出されます。排出されずに体内にミネラルが蓄積されると内臓疾患などの原因となってしまいます。
 
皮膚と毛髪
hair_follicle.gif

全身をおおう皮膚は、身体の保護と体温の調節をし、五感の一部(触感)の役割を果たす感覚器として働きます。毛は哺乳類の特徴といえる器官です。人間の胎児の体表は3ヶ月以後一面に産毛でおおわれています。
皮膚の最表層である表皮は、その下面に乳頭と呼ばれる多くの突起をだし、その下の真皮とかみあっています。乳頭は毛細血管から栄養を摂取し、皮膚を増殖して表面に押しやり、ケラチンという硬蛋白の沈着によって硬くなりはげおちた皮膚を置き換えていきます。毛髪は、ケラチン(蛋白質)を多く含んで硬くなった表皮の変形したものです。
毛髪は通常5〜6年のサイクルで表皮細胞が毛乳頭から栄養を吸収し、毛球の部分で増殖、毛包細胞の中に毛根を伸ばし太くて丈夫な毛髪へと成長していきます。(1日0.2mmの速度)
皮膚や毛髪は、乳頭に毛細血管から栄養分を吸収増殖したケラチンという蛋白質からできています。この増殖を繰り返す皮膚のメカニズムと毛髪サイクルは、五感を通じて感じるストレスにより神経細胞の伝達に支障をきたすと、肌荒れや細下・脱毛の原因となり、再び発毛する力も失われていきます。

 
毛髪サイクル
hair_cycle.gif

成長期 移項期 休止期

 
ストレス


「ストレス」はフランス語で、生物の体内に生じたひずみの状態、障害と防衛の反応の総和という意味を持っています。ストレスの要因として、不快と感じる暑さ・寒さ、騒音、眠らない街の灯り、電磁波、化学物質、人間関係などがあり、数知れぬ刺激にさらされた人体はその環境になれようとしますが、限界を超えると死に至ることもあります。コンプレックス化され改善されないストレスは蓄積され、癌・糖尿病・高血圧・皮膚病・脱毛症といった肉体的問題に発展することもあります。

 
ストレス解消とリラクゼーション

休息をとることだけがリラクゼーションではありません。休息もとり過ぎるとストレスの原因となることがあります。適度な労働やスポーツ・読書などで、心身をリラックスさせる時間を取ることが大切です。また、指圧やマッサージなどもよいでしょう。
 
ストレス脱毛(脱毛の原因)

五感を通じて感じる不快感や人間関係等によって生じるストレスは脱毛の原因となります。ストレスが度を越えると、神経がショートした状態になり、内蔵に負担をかけ、毛細血管が細くなり栄養が摂取されない状態になります。発毛・育毛に必要なケラチン(蛋白質)が毛根に送られなくなるため、毛は細くなり、脱毛して、新しく発毛しなくなってしまいます。
神経は神経細胞と神経線維からなり、ニューロンと呼ばれます。ニューロンは興奮を電気的変化とし、シナプスの接触により連鎖しています。これらの信号をうけた毛母細胞は毛髪を正常に保つように働きかけます。したがって、神経が切れた状態ではその働きを失ってしまいます。
 
健康頭皮の神経図

神経が通っている正常な状態。
neuron_on.gif

脱毛症頭皮の神経図

神経が切れている状態。ストレスによる神経の切断。樹状突起が正常でない。

neuron_off.gif
【 毛髪に対する神経の役割 】 → @ 排出機能(不必要なミネラル等)
A 毛穴の開閉による温度コントロール
B 皮膚の防御機能(毛を立たせる・寝かせる)
C 色をつける
D 太くする
E 長くする
F 栄養を送る

 
メカニズム

コンセプト
植物は地上の上の部分を切断されても、根から必要な栄養分を吸収し成長し続けることができます。これと同じように、ストレスによって切断されてしまった神経(ニューロン)に必要な栄養分を与えることにより、再び神経は接続され、正常な毛髪サイクルを取り戻すことができます。
tree.gif

アロエ
世界にはアロエ科の植物が2,000種以上あり、その一部の植物の中に神経(ニューロン)が必要とする栄養素が含まれています。

posted by タカ at 15:53| Comment(0) | ミアモンテとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。