2010年01月13日

重金属などの有害物質を排泄する

【重金属などの有害物質を排泄する】

水俣病などで代表されるように農薬や工場・家庭からの産業排水や生活排水で汚染された河川や海域の魚介類を食べ続けた場合の水銀・カドミウム・砒素・鉛をはじめ、缶飲料や鍋・釜・食器などの台所用品から溶けだしたアルミニウムなど様々な有害物質が、好むと好まざるにかかわらず、毎日の生活の中で私たちの身体の中に摂り入れられてしまっています。
そして、体内において一定の量を超えたこれらの有害物質が蓄積されると、健康上いろいろな問題が引き起こされると言われています。


 しかし、私たちの身体は、なんと自分の身体としての健康を守るために体内に吸収されてしまったこれらの有害物質を髪や体毛・汗を通して体外に排泄しているのです。
従って、髪の少ない人はその分だけ有害物質を排泄する場所が少なくなっているわけですので、髪がたくさんある方と比べると、どうしても数年から数十年という長い年月の間に少しずつこれらの有害物質を体内に蓄積してしまうと言われています。
 その結果、身体に対して健康を脅かすなどの負担がかかっていると考えられています。
最近は女性の社会進出等でストレスの多い人間関係等で男性並に抜け毛・薄毛などで悩む方が多くなって来ました。しかしそれでも男性に比べたら、まだはるかに女性の方が薄くなる人は少なく、このことが一般的に女性よりも男性の方が短命である事の一因であると言われています。
 つまり、私たちの身体は自然の摂理で自分の生命を守るために身体にとって有害な物質を体外に排泄する事で、生命に関わる健康上のバランスを保つ働きをしているのです。
 従って、すでに抜け毛や細毛・薄毛が気になるという状態の方でも、「もうこのままでいい!」などとあきらめるのではなく、ご自身の脱毛原因に合った正しい育毛法で、今ある髪はもちろん、これから新生毛として新しく生えてくる髪が少しでも、太毛でハリのある元気な髪として生えてくるように毎日の生活の中で身体と心の、健康を維持していく必要があるのです。私たちの髪は毎日24時間絶えず伸び続けており、身体にとって有害な物質を体外に排泄し続けています。そのために毎日生長し、毎日伸びているのです。
長くなりましたが、以上のことで髪が如何に大切な器官であるかがお分かりいただけたとおもいます。






posted by タカ at 15:22| Comment(0) | 髪のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の役割

【髪の役割】

一体髪はそもそもなんのために、そしてどんな理由があって生えてきているのでしょうか。
人間も大昔は、全身を長い体毛で覆われていました。それが何故、頭部や陰部など身体の一部にしかなくなったのでしょうか? 
人間は身体に衣服をまとうようになってから、外気からの暑さや寒さ、身体の外からの危険などに対応できるようになった事で次第に全身を覆っていた体毛が必要なくなってしまい、退化したと言われています。



特に頭部は人間にとって重要な部分であり、髪は身体全体の指令センターである脳という重要な組織を外からの危険な衝撃や高温・低温などから守ると同時に、髪を通して身体の中に蓄積された水銀や砒素・カドミウム・鉛・アルミニウムといった身体にとって有害な物質を体外に排泄している重要な器官なのです。
その髪が私たちの身体や健康にどのような役割を果たしているのか、分かりやすくまとめてみました。



posted by タカ at 15:18| Comment(0) | 髪のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。